PRESS

Photo: PRESS

ゴリラズのキャラクターであるマードックと2-DはリアルタイムのQ&Aセッションに参加することが明らかになっている。

デーモン・アルバーンとアーティストのジェイミー・ヒューレットによって1998年に結成されたゴリラズだが、バンドにはメンバーとなる4名のキャラクターがおり、2-Dがリード・ヴォーカルとキーボードを、マードック・ニカルスがベースとヴォーカルを、ヌードルがギターとキーボードとヴォーカルを、ラッセル・ホブスがドラムとパーカッションを担当する設定となっている。

ゴリラズの新作『ヒューマンズ』に先立って2-Dとマードック・ニカルスは現地時間4月20日15時(日本時間4月20日23時)よりロンドンからファンの質問にリアルタイムで答えるという。このイベントはBBCラジオ1のDJであるミスタジャムが司会を務め、エレクトロニック・ビーツのYouTubeチャンネルで生中継される。

https://www.youtube.com/user/ElectronicBeatsVideo

マードック・ニカルスは今回の件について次のように語っている。「わたくしマードック・ニカルスとライヴ・オーディエンスによる世紀のオンライン・イベントの準備はいいかい? エレクトロニック・ビーツの同志には感謝するけれども、みんなはソファにいながらにして僕と2-Dに訊きたいことをなんでも訊けるんだ。もしくは、どれだけ僕らのことが好きか教えてくれ。ただし、お行儀よくね。いいかい?」

先日、ゴリラズはプシャ・Tとメイヴィス・ステイプルズが参加している“Let Me Out”を公開しており、アルバムからは他に“Saturnz Barz”、“Andromeda”、“We Got The Power”、“Ascension”が公開されている。ゴリラズの新作『ヒューマンズ』は4月28日にリリースされる。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ