NME / JENN FIVE

Photo: NME / JENN FIVE

コールドプレイは先日行ったオーストラリア公演でオーストラリアに向けて書いた特別なクリスマス・ソングを披露している。

現地時間12月14日に最新作『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』ツアーのオーストラリア公演をシドニーのアライアンス・スタジアムで行っており、バンドはこの場で誰も予想のしていなかったサプライズ、オーストラリアをテーマにしたクリスマス・ソングを披露している。

「オーストラリアに来ることはものすごく楽しみでね。それで、今回、特別にオーストラリアのための曲を書いてみたんだ」と、クリス・マーティンはオーストラリアの最終公演となったこの日の公演で語っている。

そして、バンドはその名も“Christmas With The Kangaroos”と題した楽曲を披露している。

パフォーマンスの模様はこちらから。

先日、コールドプレイはメルボルンのエティハド・スタジアムで行った公演で約10年ぶりに“Swallowed In The Sea”を演奏している。

バンドはこの曲を元マネージャーで、現在クリエイティヴ・ディレクターであるフィル・ハーヴェイに捧げている。この日の公演はフィル・ハーヴェイが参加する今年最後のライヴとなっている。

「これはYouTubeに上げないでほしいんだ。全然プロフェッショナルじゃないからね」とフロントマンのクリス・マーティンはギターを間違えて弾こうとした後に冗談を飛ばしている。“Swallowed In The Sea”は2005年発表のアルバム『X&Y』に収録されている。

その模様はこちらから。

コールドプレイは来年4月にキャリア初となる東京ドーム公演を行うことが決定している。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ