ALLSTAR

Photo: ALLSTAR

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルやジャーヴィス・コッカーは、映画監督スタンリー・キューブリックの生涯を記念した展覧会に作品を提供している。

「デイドリーミング・ウィズ・スタンリー・キューブリック」と題されたこの展覧会は、ロンドンのサマセット・ハウスで来月より開催される。『時計じかけのオレンジ』、『シャイニング』、『フルメタル・ジャケット』といった作品で知られるスタンリー・キューブリックだが、多くの現代アーティストが彼へのオマージュとなる自身の作品を提供している。

イアン・フォーサイスとジェーン・ポラードは、ジャーヴィス・コッカーをヴォーカルに迎えた“Requiem for 114 Radios”という新たな音源を制作している。

展覧会の予告映像はこちらから。

トーマ・バンガルテルも参加していることは発表されているが、どのような形で参加しているかは明らかになっていない。

展覧会はスタンリー・キューブリックの元妻、クリスティアーヌ・キューブリックとワーナー・ブラザーズが強力しているもので、7月6日から8月24日まで開催される。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ