GETTY

Photo: GETTY

先週、ライアン・アダムスはピッツバーグの公演でオアシスの楽曲をカヴァーした。彼はこれまでもカヴァーしてきたし、今後もカヴァーするだろう。ただ、今回特別だったのは、主がその場にいたことである。そう、ギャラガー兄弟の兄貴であるノエルは、この日のサポート・アクト(そう、サポートだったのだ)を務めている。ライアン・アダムスは“Morning Glory”と“Supersonic”のカヴァーをその場で披露する機会を持っている。彼は両方とも自分のものにしている。

その様子はこちらから。

今回のカヴァーを記念して、インターネットをくまなく探して、オアシスの偉大な10のカヴァーをまとめてみた。レディオヘッドやウィーザーといった連中から、マルーン5やリリー・アレンまで、様々なものをミックスしてみた、ぜひ楽しんで。

レディオヘッド “Wonderwall”


90年代後半に冗談としてレコーディングされたもので、この名曲をトム・ヨークは試しに演奏してみている。歌詞を忘れて、途中で止めた後、最後のコメントで次のように語っている。「こりゃひでえもんだな。オアシスをネタにするのはいつも最高だけどさ。彼らも気にしないだろ」

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 “She’s Electric”


オアシスの楽曲の渋いオーケストラ・バージョンがあったとして、誰が聴く必要があるというのだろう? 実は『ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏するオアシスの楽曲』と題されたアルバムには12曲が収録されている。オアシスにちょっとした気品を。

MGMT “Live Forever”


2009年8月、オアシスがVフェスティバルを病気のためにキャンセルしたのを受けて、MGMTは“Live Forever”のカヴァーでファンを喜ばせることを選択している。リアムの等身大パネルがステージには用意され、完璧だった。

マルーン5 “Don’t Look Back In Anger”


彼らは安っぽいアメリカンのポップ・ロックスターかもしれない。でも、BBCラジオ1の番組「ライヴ・ラウンジ」のためにレコーディングされたアダム・レヴィーンらによるこのカヴァーは、驚くほどスウィートだ。

コールドプレイ “Songbird”


コールドプレイもオアシスをカヴァーしている。そういう運命にあったのだ。ニューヨークのバワリー・ボールルームで2002年に披露されたもので、この時ノエルは観客のなかにいたという。

レオナ・ルイス “Stop Crying Your Heart Out”


「Xファクター」の優勝者であるレオナ・ルイスはセカンド・アルバム『エコー』にこのオアシスのカヴァーを収録している。彼女はこの曲を「Xファクター」の第6シーズンのフィナーレでも披露している。

リリー・アレン “I’m Outta Time”


リリー・アレンは楽曲制作とツアーからの休止を発表した際、BBCラジオ1の「ライヴ・ラウンジ」でオアシスのカヴァーを試している。

キーン “Cast No Shadow”


2008年にノエルに「クソ」で「イヤな奴ら」と言われたにもかかわらず、2009年のもう一つのオアシスのカヴァーにキーンが挑戦している。どうやら観客も気に入ってる様子だ。

ベン・フォールズ・ファイヴ “Champagne Supernova”


ベン・フォールズいわく「昔のアメリカのスタンダード」のライヴ・カヴァーだというこのカヴァーは、シングル“Battle Of Who Could Care Less”のB面に収録された。オアシスをカントリーに変えるのはベン・フォールズに任せよう。

ウィーザー “Morning Glory”


2008年9月にニュー・ジャージー州のカムデンで行ったライヴでウィーザーはこの曲をカヴァーしている。赤いジャージが妙に似合っている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ