GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ギルモアはピンク・フロイドの再結成の可能性を否定し、スタジアムでは「絶対に」やりたくないと述べ、今は自由を楽しんでいると語っている。

彼は『ギター・プレイヤー』誌に次のように語っている。「自然な道を辿ったわけで、もう終わったんだ。ロジャー(・ウォーターズ)のやりたいことが何にせよ、彼のやっていることや彼が謳歌していることは全面的に支持するよ」

「でも、僕としては絶対に戻りたくないんだ。スタジアムでライヴなんかやりたくないんだ。自分のやりたいことを自分のやりたいやり方でそのままできる自由があるんだ」

昨年、ロジャー・ウォーターズは意見の違いを埋めようとピンク・フロイドのメンバーと再会する機会があったことを明かしている。

1985年にピンク・フロイドを脱退したロジャー・ウォーターズはニック・メイソンとデヴィッド・ギルモアと「仲直り」の機会をもうけたものの失敗したという。

「1年ぐらい前、ロンドンの空港にあるホテルで存命のピンク・フロイドのメンバーによってキャンプ・デヴィッドなる会議が開催されたんだ。そこで僕はこの醜い袋小路の状況と気づいたらあった苦境を過去のものにするあらゆる手段を提案した」

その後、ロジャー・ウォーターズはデヴィッド・ギルモアによってピンク・フロイドのオフィシャル・サイトやソーシャル・メディア・アカウントから「締め出されている」として批判している。

「それは実を結ばなかった。残念ながらね。ウェブサイトには3000万人が登録しているけど、それができるのは僕ら5人が作ってきた一連の作品のおかげなわけでね。シド・バレットと僕、リック・ライト、ニック・メイソン、デヴィッド・ギルモアが何年もかけたもののおかげだよね。そう考えると、僕らが平等にみんなにアクセスできて、自分のプロジェクトをシェアするのが公平で正しいと思うんだよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ