GETTY

Photo: GETTY

アリス・クーパーはキッスのジーン・シモンズが「ロックは死んだ」と発言したことを批判している。

ジーン・シモンズは2014年にも同様の発言をしていたが、先月のインタヴューで改めて自身の考えを主張している。

「ロックは死んだんだ。最近のバンドはグラマーで興奮させてくれる壮大なものを作るのに時間をかけてない」とジーン・シモンズは『ガルフ・ニュース』に語っていた。

「つまりフー・ファイターズは素晴らしいバンドだけど、結成20年だろ。1958年から1988年を振り返ってみればさ、30年間だけど、その間にエルヴィス・プレスリー、ザ・ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ザ・ローリング・ストーンズなんかがいたわけでね」

ジーン・シモンズは「いろんな種類のすごく人気のあるバンドがいるけどさ。だからって時代を超える象徴的かつ伝説的なアーティストというわけではない」と続けている。

しかし、アリス・クーパーの見解は逆で、『NME』に次世代のロックスターは自分の家で大きな成果を達成する態勢を整えているところだと述べている。

「ジーン・シモンズ、彼には俺の税金の面倒をみてもらいたいね。彼はビジネスマンで、間違いないからね。でも、かけて言えるのはロンドンかどこかのガレージでエアロスミスやガンズ・アンド・ローゼズを学んでいる奴はいるってことでさ」

「ギターやドラムをやって、ハード・ロックを学んでいる18歳はたくさんいるんだよ。アメリカだって同じだよ。ハード・ロック全体を復活させたいという若者はいるんだ」

ロック・ミュージックの現状についてアリス・クーパーは「今もあるべき形」だと語っている。

「グラミーを獲るわけでもないし、メインストリームでもない。ロックンロールは今は締め出されているよね。でも、それってアウトローなアティテュードをくれるわけでさ」

アリス・クーパーはロックというジャンルの寿命の長さに賛辞を寄せ、これから30〜40年も存在すると述べている。

「始まってから終わることがない音楽の一つがハード・ロックでさ。パンクになったり、ディスコになったり、ヒップホップだったり、グランジだったり、その中心にあるものの一つがハード・ロックなんだ」と彼は語っている。

インタヴューではアリス・クーパーは複数の女性から寄せられているマリリン・マンソンに対する告発について自身の見解を語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ