GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは自分のギターを盗んだ人物にちなんでレスポール・スタンダード・ゴールドトップを「ヴィクトリア」と名付けている。

スラッシュは現地時間12月1日にギブソンとのコレクションによる新たな楽器を公開していたが、最初の発表時にはその興味深い逸話については明らかにされていなかった。

スラッシュは『コンシークエンス・オブ・サウンド』にこれまでに何色かのレスポール・スタンダードを発表してきたが、ゴールドを発売したいと思っていたと説明している。

彼はゴールドを発売したかった理由を次のように述べている。「90年代後半に自宅にあるスタジオから大量のギターを盗まれたんだ。すべてのギターを取り戻そうとしたんだけど、誰が盗んだのか分からなくてね。帰ってこなかったギターの1本が盗まれたゴールドトップだったんだ」

「それで、ずっとそれの代わりとなるゴールドトップを探していたんだ。ある時、そんなに前じゃないんだけど、誰が盗みを行ったのか分かったんだ。彼女の名前はヴィクトリアと言ってね。それでこのギターをそう名付けることにしたんだ」

先日、スラッシュの息子であるロンドン・ハドソンは他の有名なロックスターの息子たちと新バンドを組んだことが注目されている。

サスペクト208にはロンドン・ハドソンの他にスコット・ウェイランドの息子であるノア・ウェイランド、ロバート・トゥルヒーヨの息子のタイ・トゥルヒーヨが参加している。

彼らはスラッシュとスコット・ウェイランドが参加していたヴェルヴェット・リヴォルヴァーと比較されたことに反応を示している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ