GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは新作について全編が最新シングル“Shame Shame”のようなサウンドではないと語っている。

フー・ファイターズはアメリカ大統領選挙後初の『サタデー・ナイト・ライヴ』で“Shame Shame”を初披露しており、通算10作目となる『メディスン・アット・ミッドナイト』をリリースすることを発表している。

エキセントリックでファンク主体の“Shame Shame”だが、デイヴ・グロールは新たなインタヴューで同曲がニュー・アルバム全体を体現しているわけではないと語っている。

「スタジアムで演奏されるような曲をたくさん書いたんだ。大きなグルーヴ、大きなコーラス、ビッグなギターというね」とデイヴ・グロールはスポティファイのロック部門のグローバル・ヘッドであるアリソン・ハーゲンドルフのポッドキャストで語っている。「ビッグなパーティー・アルバムのようにデザインされているんだ」

「25年にわたってこれまでやってきたものをすべて振り返ったんだ。『ノイジーなパンク・ロックもやったし、穏やかなアコースティックもやったし、3分半から4分のラジオ向けシンガロング・ソングもやった』ってね」

彼は次のように続けている。「でも、俺たちはグルーヴ主体のものをやったことはなくてさ。デヴィッド・ボウイでいう“Let’s Dance”、パワー・ステーションやザ・カーズ、ザ・ローリング・ストーンズの『刺青の男』とかね。こういうロック・アルバムって立ち上がらせ、動き、ダンスさせるだろ。そういうことはやったことなかったから、それを念頭にスタジオに入ったんだ。でも、今回のアルバムを『ダンス・アルバム』とは言いたくないんだ。でも、こういうグルーヴはやったことがなかったし、みんなを踊らせるものなんだ」

デイヴ・グロールはバンドでレコーディングした曲にはフー・ファイターズだと「すぐに分かる」曲もあると語っている。デイヴ・グロールは“Shame Shame”についてアルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』の出発点となったものの、全体のサウンドの方向性を示しているわけではないと説明している。

「でも、これまでやったものとは違かったから、『始めるにはいい場所だ』と思ったんだ。最初に聴いてもらう楽曲はこの曲にすべきだってね。今回とった急展開を暗示してくれるからね」とデイヴ・グロールは2021年2月5日にリリースされるアルバムからの最初のシングルにすることにした理由を説明している。

デイヴ・グロールは新作について「土曜日の夜のパーティー・アルバム」だと『NME』に語っている。

「10作目にして25周年だったから、数年前からフレッシュなことをやりたいと決めていたんだ。いろんなタイプのアルバムを作ってきたけど、アコースティックなものもやったし、パンク・ロックなものもやったし、ミドルテンポのアメリカーナもやった。いろんなものに寄ったアルバムを作ってきたけど、それで直感的にメロウな大人のアルバムを作る代わりに、『くだらねえ。パーティー・アルバムを作ろう』と思ったんだ」

どんなパーティーか、彼は次のように説明している。「俺たちの大好きなアルバムの多くみたいにビッグなグルーヴとリフがあるものだよ。ファンクやダンス・ミュージックとかとは呼びたくないんだけどさ。俺たちがこれまでやってきたものよりもいろんな意味でエネルギーに満ちたものとなっていて、土曜日の夜のパーティー・アルバムとしてデザインされているんだ。そこでかける用に書かれていて、曲も並べられているんだ。そして、9曲が終わった後、またかけたくなるんだよ。“Making A Fire”みたいな曲はスライ&ザ・ファミリー・ストーンのグルーヴがルーツとしてあって、それをフー・ファイターズとして鳴らしているんだよね」

先日、フー・ファイターズは“Shame Shame”のミュージック・ビデオが公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ