GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのギタリストであるジョニー・グリーンウッドはポール・トーマス・アンダーソン監督の映画音楽で最も気に入っている作品を明かしている。

ジョニー・グリーンウッドは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、『ザ・マスター』、『インヒアレント・ヴァイス』、『ファントム・スレッド』といったポール・トーマス・アンダーソン監督の映画音楽を手掛けている。

ポール・トーマス・アンダーソンのキャリアを追った著書『マスターワークス』のためのアンディ・ニューマンによるインタヴューでジョニー・グリーンウッドはポール・トーマス・アンダーソンとの仕事で最も誇りに思った瞬間を明かしている。

「ずっと好きなのは『ザ・マスター』に書いた“Alethia”なんだ」とジョニー・グリーンウッドは語っている。『ザ・マスター』にはホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムスらが出演している。

「あのシーンの、海上の宗教がかった不思議さを捉えていると思ったんだ」

ポール・トーマス・アンダーソンとの仕事が面白い理由についてジョニー・グリーンウッドはその違いについて語っている。「彼は全体がパッケージになっているんだよ。脚本、撮影、物語、ユーモア、恋愛、奇妙さ、創意工夫とかがね」

「彼みたいな人はいないよ。それぞれのスキルを持っている人はいるんだろうし、もっとうまい人もいるかもしれないけど、ポールのようにすべてを持っている人はいないんだ。楽器の演奏がひどいのはよかったね。僕に仕事が残されているからね」

ポール・トーマス・アンダーソンの次回作は1970年代のサン・フェルナンド・ヴァリーを舞台にした青春映画になるとされていて、ハイムのアラナ・ハイムとフィリップ・シーモア・ホフマンの息子であるクーパー・ホフマンが出演する予定だという。

アラナ・ハイムとクーパー・ホフマンはブラッドリー・クーパーとベニー・サフディの相手役として出演する。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ