GETTY

Photo: GETTY

ハイムのアラナ・ハイムとフィリップ・シーモア・ホフマンの息子であるクーパー・ホフマンはポール・トーマス・アンダーソンの新作映画に出演するという。

暫定的に『サギー・ボトム』と呼ばれている本作は1970年代のサン・フェルナンド・ヴァリーを舞台にした青春映画になるとされている。アラナ・ハイムにとってもクーパー・ホフマンにとっても映画初出演となる。

アラナ・ハイムとクーパー・ホフマンはブラッドリー・クーパーとベニー・サフディの相手役として出演する。

ポール・トーマス・アンダーソンはフィリップ・シーモア・ホフマンと1996年公開の監督デビュー作『ハード・エイト』から仕事をしており、『ブギー・ナイツ』、『パンチ・ドランク・ラヴ』、『マグノリア』、『ザ・マスター』にも彼は出演している。フィリップ・シーモア・ホフマンは2014年に享年46歳で亡くなっている。

また、ポール・トーマス・アンダーソンはハイムの“Summer Girl”や“Little of Your Love”といったミュージック・ビデオを手掛けている。

ハイムは『NME』のインタヴューでポール・トーマス・アンダーソンと出会った時のことを振り返っており、彼女たちの母親がポール・トーマス・アンダーソンに美術を教えていたことを明かしている。

「彼と会った時、思わず言っちゃったの」とダニエル・ハイムは語り、アラナ・ハイムは次のように続けている。「私たちの母親、あなたに教えていたのよってね」

「彼は自分の子供時代の部屋に駆け込んで、私の母親と完成させた絵を持ってきてくれたの。クレイジーだったわ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ