GETTY

Photo: GETTY

ポスト・マローンは友人でプロデューサーのアンドリュー・ワットにギター・バトルを申し込む映像が公開されている。

「やあ、僕の名前はオースティン・ポストと言うんだけど、僕はギターがアンドリュー・ワットよりも上手なんだ」とポスト・マローンは言って、勝負を始めている。ポスト・マローンはエリック・ジョンソンの“Cliffs Of Dover”を弾いている。

ポスト・マローンと複数のアルバムで仕事をし、オジー・オズボーンの最新作も手掛けたアンドリュー・ワットもそれに応じて動画を投稿している。

多くのエフェクターの前に座ったアンドリュー・ワットは動画をプリンスのモノクロの写真から始めている。

「やあ、やあ、オースティン・ポスト、僕が反論しないと思っているなら、そんなに前じゃない時に書いたものを思い出させてあげるよ」とアンドリュー・ワットは言って、オジー・オズボーンとポスト・マローンがデュエットした“Take What You Want”のソロを弾いている。

それぞれが公開した動画はこちらから。

この投稿をInstagramで見る

U ain’t shit @postmalone

WATT(@thisiswatt)がシェアした投稿 –

先日、ポスト・マローンは歯医者の治療の際に新たに足にタトゥーを彫られる画像が公開されている。

ビヴァリー・ヒルズの歯科医師であるトーマス・コネリーはタトゥー・アーティストのギャンガがポスト・マローンの右足の脛にタトゥーを入れる写真を公開している。

「素晴らしい仕事がレジェンドのポスト・マローンに施されているんだ。待ってくれ」とトーマス・コネリーは画像に添えられている。

先月、ポスト・マローンはUFOを目撃した体験について語り、16歳の頃からアメリカのいろんな場所で目撃してきたと語っている。

ポッドキャスト「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」に出演したポスト・マローンは最初に目撃したのはティーンエイジャーの頃だったと語っている。「見たんだ。確か16歳だった。ニューヨーク州北部にいたんだけど、止まっていたんだ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ