GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンはジョー・バイデンの選挙活動のために制作された動画で“The Rising”が使用されている。

この動画は民主党全国大会の初日に公開されたもので、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて医療従事者や人のいないアメリカの通り、マスクをつけている人々の映像が使われている。

動画は2002年発表の“The Rising”を書くきっかけになった9・11と新型コロナウイルスのパンデミックがパラレルに描かれていくものとなっている。

ブルース・スプリングスティーンと妻のパティ・スキャルファも少し出演している映像は民主党の候補予定であるジョー・バイデンの映像で締めくくられるものとなっている。

ジョー・バイデンはツイッターで映像をシェアする際に次のように述べている。「私たちはアメリカ合衆国です。みんなで一緒にやれば、できないことはありません」

ブルース・スプリングスティーンは歌詞の通りに「come on up for #therising(さあ立ち上がろう)」とツイートしている。

ビリー・アイリッシュは2020年の民主党全国大会でパフォーマンスを行うことが明らかになっている。

8月17日から20日にわたって生配信で開催される民主党全国大会だが、ザ・チックス、ジョン・レジェンド、リオン・ブリッジズ、ジェニファー・ハドソン、コモンも出演する予定となっている。

この民主党全国大会で元副大統領のジョー・バイデンは正式に民主党の大統領候補になると見られている。

先日、ジョー・バイデンはカマラ・ハリス上院議員を副大統領候補に指名している。カマラ・ハリスは女性のアフリカン・アメリカン、南アジア・アメリカンとして初の副大統領候補となっている。

テイラー・スウィフト、ジョン・レジェンド、P!NKはカマラ・ハリス上院議員が副大統領候補に指名されたことを祝福していた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ