GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは過去にもらったMTVからのトロフィーをチャリティのためにオークションに出品している。

オークションに出品されたトロフィーは1996年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アウォーズで“Wonderwall”が最優秀楽曲賞を受賞した時に贈られたものとなっている。

出品の際、リアム・ギャラガーは「“Wonderwall”でオアシスがもらったMTVの賞をイート・ウェル・マンチェスターを支援するためにオークションに出すよ」と述べている。

https://www.facebook.com/eatwellmcr/photos/a.122132909476485/134750288214747

イート・ウェル・マンチェスターは今年設立された非営利団体で、新型コロナウイルスによるロックダウンが続く中でマンチェスターの必要とする市民に食事を提供している。

一方、リアム・ギャラガーはドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』の日本公開日が延期されることが決定している。

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』は昨年の6月6日にUKで劇場公開された作品で、監督はドキュメンタリー映画を撮り続けてきたギャビン・フィッツジェラルドと、本作のため10年以上にわたりリアム・ギャラガーを撮影してきたチャーリー・ライトニングの2人が務めている。

日本公開は7月3日が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大による国内の事態を受けて延期されている。変更語の公開時期については2020年秋が予定されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ