GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは自宅がグーグル・ストリート・ヴューでぼかされたことが明らかになっている。

ビリー・アイリッシュは先日、自宅を何度も訪れたファンに対して一時的な接近禁止命令を獲得している。

今回、ビリー・アイリッシュが暮らすロサンゼルスの質素なバンガローは各種サイトから消されており、グーグル・ストリート・ヴューでは完全に消すことはできないものの自宅はぼかされている。

他にもポール・マッカートニー、リリー・アレン、ジミー・ペイジの自宅もこれまでにプライバシーを理由に自宅がぼかされている。

グーグルのスポークスパーソンは次のように語っている。「顔やナンバープレートをさらにぼかしたい場合、家や自動車、身体全体をぼかしたい場合には『問題の報告』を使ってリクエストすることができます」

「私たちは顔やナンバープレートをぼかす最先端のテクノロジーを開発しており、グーグル・ストリート・ヴューの画像に認識できる顔やナンバープレートにぼかしをつけるものです」

ビリー・アイリッシュはファンのプレネル・ルソーが自宅を訪れてインターフォンを鳴らし、ビリー・アイリッシュがここに住んでいるかを尋ねている。ビリー・アイリッシュの父親がここには住んでいないと答えると、プレネル・ルソーはその日の夜に再び訪れて「奇抜な行動」を行ったことが明らかになっている。

TMZが入手した法定文書によれば、ビリー・アイリッシュは次のように述べている。「私たちが警備を待つ間、プレネル・ルソーはポーチに座って、本を読み始めました。そして、独白を繰り返したのです。私の父が繰り返し立ち去るように言っても、彼は断りました」

裁判所の命令によりプレネル・ルソーはビリー・アイリッシュとその両親に182m以内に近づくことを禁じられ、あらゆる連絡をとる試みも禁止されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ