GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングは幻のアルバム『ホームグロウン』より“Try”の音源が公開されている。

ニール・ヤングはほぼアコースティックによる『ホームグロウン』について女優のキャリー・スノッドグレスとの難しい関係を扱ったもので、そのあまりにもエモーショナルな内容のために日の目を見なかったと述べている。

ニール・ヤングは『ホームグロウン』について「失恋と探求に満ちたアルバム」と評し、次のように述べている。「それで何十年と出されないことになったんだ。当時に近い段階で世に出すにはあまりにパーソナルで赤裸々だったんだ」

“Try”の音源はこちらから。

『ホームグロウン』は6月19日にリリースされる。

ニール・ヤングはアルバムのリストアに普段より時間がかかっていることを明かしていて、それはデジタルで作業を完結させなかったためで、長年のプロデューサーであるジョン・ハンロンがアルバムに取り組んでいるビデオも公開されていた。

「ジョン・ハンロン氏がアナログの機器だけでマスタリングをやっているところなんだけどね」と彼は説明している。「これが僕らがやり始めた頃のレコードの作り方なんだ。こうやって素晴らしいサウンドにしてきたんだよ。実は今の段階ではこんなのは無理だと言われたんだ。『ホームグロウン』のテープは使用するには傷み過ぎている、デジタルを使わなければならないってね」

「僕らは同意しなかったんだ。受け入れられなくてね。『ホームグロウン』のアナログのマスターを慎重に修復したんだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ