GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975は新型コロナウイルスの感染拡大の懸念を受けてフィンズベリー・パークでの大規模公演を2021年に延期している。

「フィンスベリー・パーク史上で最も環境にやさしい公演」と題された公演は7月11日に行われる予定で、サポート・アクトとしてチャーリーXCX、クレイロ、フィービー・ブリジャーズ、レーベル・メイトのペール・ウェーヴス、ビーバドゥービーが出演する予定だった。

先月、ダーティ・ヒットは状況について見解を示すことを約束していたが、フィンズベリー・パーク公演は一度中止された上で2021年7月10日に改めて開催されることが決定している。

サポート・アクトも予定通り、チャーリーXCX、クレイロ、フィービー・ブリジャーズ、レーベル・メイトのペール・ウェーヴス、ビーバドゥービー、ケイヴタウン、デブ・ネヴァーが出演するという。

ザ・1975は5月22日に通算4作目となるニュー・アルバム『仮定形に関する注釈』がリリースされることが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ