PRESS

Photo: PRESS

ボブ・ディランは最新シングル“False Prophet”の日本語訳が公開されている。

“False Prophet”は6月19日にリリースされる通算39作目となるニュー・アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』のディスク1の2曲目に収録される。

“False Prophet”の音源はこちらから。

中川五郎による“False Prophet”の日本語訳は以下の通り。

終わらない日がまた一日
出航する船がまた一隻
怒り、悲痛、そして疑念の日がまた一日
どうやってそうなったのかわたしはわかっている
どうやって始まったのかわたしはこの目で見た
世界に向かってわたしが心を開いたら世界がわたしの中に入って来たんだ
 
ハロー、メリー・ルー
ハロー、ミス・パール
黄泉の国からやって来た足の速いわたしの案内人たちよ
どんな空の星もあなたたちより眩しく輝いてはいない
あなたたち女性は本気だ そしてこのわたしだって
 
わたしは反逆の敵
闘争の敵
生きた形跡のない無意味な人生の敵なんだ
わたしは偽物の預言者なんかじゃない
わたしは自分が知っていることを知っているだけ
孤独な人間が行けるところにしかわたしは行かない
 
わたしは同輩の中で一番
誰にも負けない
最上の人間の最後の一人
ほかの者たちはみんな葬り去ってしまえばいい
全財産と一緒に彼らをみんな裸のまま埋めてしまえ
6フィートの深さに埋めて魂よ安らかなれと祈るんだ
 
いったい何をじっと見つめているんだ
見るものなんて何もないよ
ひんやりとしたそよ風がわたしのまわりで吹いているだけ
庭園の中を散歩に出かけよう
とても広くてどこまで行ってもきりがない
わたしたちは泉のそばの日陰で座れるよ
 
聖杯を追い求めて
わたしは世界中を旅して回ったんだ
わたしはいくつもの愛の歌を歌い
わたしはいくつもの裏切りの歌を歌う
何を飲もうがどうでもいい
何を食べようがどうでもいい
わたしは裸足で歩いていくつもの剣の山に登ったんだ
 
愛しい人よ、あなたはわたしのことをわかっちゃいない
どんな人間なのか考えてみようとすら一度もしなかった
見てのとおり幽霊のようなつかみどころのない人間でしかないんだよ
わたしは偽物の預言者なんかじゃない
わたしは自分が言うべきことを言っただけ
わたしがここにいるのは誰かの分別とやらに復讐するがためだけ
 
手を差し出してごらん
掴むものなんて何もないよ
口を開けてごらん
その口の中を金でいっぱいにしてあげるから
ああ、この哀れな悪魔め、そうしたければ見上げるがいい
丘の上にあるのは神の都だ
 
久しぶりだね
新たな出会いと古いものにお別れ
あなたはこの土地を支配した
でもそれならわたしだって同じこと
この年老いても血気盛んな頑固者め
あなたの考え方は毒されてしまっている
あなたを束縛という名の伴侶と結婚させよう
 
愛しい人よ、わかっているよね
わたしがどんな人生を生きているのか
お互いに微笑みを交わせば、譲り合えるものがあるんだ
わたしは偽物の預言者なんかじゃない
わたしは誰の花嫁でもない
生まれた時のことなんか覚えちゃいない
いつ死んだのかも忘れてしまった

ボブ・ディランは通算39作目となるニュー・アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』の国内盤が7月中旬にリリースされることが決定している。

アルバムは10曲を収録した2枚組で、オリジナル曲によるアルバムは2012年発表の『テンペスト』以来、8年ぶりとなる。

『ラフ&ロウディ・ウェイズ』というアルバム・タイトルはボブ・ディランがカヴァーしてきたジミー・ロジャースが1960年にRCAから発表したアルバム『マイ・ラフ・アンド・ロウディ・ウェイズ』に由来するという。ボブ・ディランはかつて自らが設立したレーベルのエジプシャン・レコードから1997年にジミー・ロジャースの生誕100周年を記念したコンピレーションをリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ