GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランは本日リリースが発表された通算39作目となるニュー・アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』の国内盤が7月中旬にリリースされることが決定している。

アルバムは10曲を収録した2枚組で、オリジナル曲によるアルバムは2012年発表の『テンペスト』以来、8年ぶりとなる。

『ラフ&ロウディ・ウェイズ』というアルバム・タイトルはボブ・ディランがカヴァーしてきたジミー・ロジャースが1960年にRCAから発表したアルバム『マイ・ラフ・アンド・ロウディ・ウェイズ』に由来するという。ボブ・ディランはかつて自らが設立したレーベルのエジプシャン・レコードから1997年にジミー・ロジャースの生誕100周年を記念したコンピレーションをリリースしている。

アルバム・リリースの発表と共にアルバムからは新曲“False Prophet”の音源が公開されている。

“False Prophet”の大意訳も日本のソニー・ミュージックによって公開されている。

終わらぬ日がまた一日
船がまた一艘 
怒りと苦虫と疑いの日がまた一日
どう起こったか 私は知っている
始まったのもこの目で見た
世界に心を開いて見せたら世界に裏切られた

ハロー メアリールー ハロー ミス・パール
空の星は君たちよりも明るく輝いているよ
君たちはそれが仕事なのさ こちらもだよ
私は色々なものの敵
意味のない人生を送ってる人間の敵
私は嘘っぱち預言者じゃない 
知ってることを知ってるだけだ
寂しい者が行けるところだけに私は行く

私は平等の中の最初の一人
誰の二番目でもない
最高の最後の一人
残りは埋めればいい
もしくか成功か 銀と金
6フィート地下に埋め 魂に祈りを捧げよう
何を見てやがる? 見るべきものは何もない
爽やかな風が吹いている 庭に散歩に行こう
大きくて広い庭
噴水近くの日陰に腰を下ろそう

聖杯を求めて私は世界を探し回った
愛の歌を歌い 裏切りの歌を歌った
何を飲もうと気にしない 何を食おうと気にしない
素足で私は魂の山に登る
ダーリン あなたは私を知らない 想像すらできない
私は嘘っぱち預言者じゃない
言ったことを言ってただけだ
誰かに復讐するためにここにいる
ハットを出せ とっとくものは何もない
口を開けろ 金をぎゅうぎゅう詰めにしてやる
哀れな悪魔め できるなら見てみろ
神の街は丘の上にある

ハロー ストレンジャー ロング・グッドバイ
お前がこの地を支配してる だが私もだ
脳ミソの腐った老いぼれめ
あなたと結婚しよう 鎖に繋がれ
ダーリン 私がどんな人生を送ってきたか知ってるはず
二人の笑顔が出会った時
私は嘘っぱち預言者じゃない
誰の花嫁でもない
いつ生まれたのかも思い出せない
いつ死んだのかも

ソニー・ミュージックCEOのロブ・ストリンガーは本作『ラフ&ロウディ・ウェイズ』に収められた歌の数々について「ボブ自身も、他の誰も、作ったことのない前例のない楽曲」だとコメントしている。

リリースの概要は以下の通り。

『ラフ&ロウディ・ウェイズ』
ボブ・ディラン
2020年7月中旬発売予定
W紙ジャケット
解説・歌詞・対訳付
SICP-(CD2枚組)
予価:¥3,600+税

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ