GETTY

Photo: GETTY

ザ・リバティーンズのカール・バラーはクラフトビール・メーカーのブリュードッグが主催するZoomを使ったイベントでソロ・パフォーマンスを行うことが決定している。

新型コロナウイルスによるロックダウンを受けてブリュードッグはビデオ会議サービスのZoomを使って仮想パブ「ブリュードッグ・オープン・アームズ」を主催している。

イベントは日本時間4月11日午前2時から始まり、ビールの銘柄名にちなんで「パンク・オクロック」と題されたセッションが行われ、ロンドンで「フェイマス・ファースト・ワーズ」というイベントを開催しているティムとジェンドルが司会を務める。

カール・バラーはこのイベントのスペシャル・ゲストとして発表されており、Zoomを通して貴重なライヴを行う予定となっている。

「パンク・オクロック」セッションへのアクセスは上限があって先着優先となっており、ブリュードッグは余裕をもって事前にZoomに接続することを求めている。

https://zoom.us/j/833442172

昨年、ザ・リバティーンズは「リバティーン ー ガンガ・ジン」と名付けたジンを発売することを発表している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ