GETTY

Photo: GETTY

サム・スミスは来たるニュー・アルバムのリリース日を延期することを発表している。

通算3作目となるニュー・アルバム『トゥ・ダイ・フォー』は5月1日にリリースされる予定となっていた。

現地時間3月30日にサム・スミスはツイッターで新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、アルバムのリリースを延期し、アルバム・タイトルが変更になることを発表している。

サム・スミスは次のように述べている。「まず、今の状況に影響を受けているすべての人に愛と強さを送りたい。この、ものすごく奇妙で、苛立たしく、前例のない時期に、みんなが無事であることを願っているよ」

「ここ数週間でたくさんのことを考えて、アルバムのタイトルとすぐのリリースはふさわしくないと思ったんだ。だから、アルバムの制作を続け、大きく変化させ、内容を追加することにしたんだ」

「アルバム・タイトルを付け直して、リリース日を後ろにずらすことにするよ。現時点で決まっているのはその2つだよ」

サム・スミスは昨年、ニュー・アルバムについて前作『スリル・オブ・イット・オール』よりもポップな内容になると語っていた。

「最近はずっと僕自身や僕の家族、友人たちに留めていた側面を見せられているように感じているんだ。みんなに見せたら、みんな気に入ってくれてね。それはよもや、僕が夢描いてきながらも、恐れていたことをやってもいいという許可をもらったような気がしてるんだ。それがポップ・ミュージックだよね」

サム・スミスは先日、ビリー・アイリッシュやフー・ファイターズのデイヴ・グロール、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングらと共にエルトン・ジョンが司会を務めたチャリティ番組「アイハート・リヴィング・ルーム・コンサート・フォー・アメリカ」に出演している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ