GETTY

Photo: GETTY

メタリカは「メタリカ・マンデー」と題して毎週ライヴ映像を配信することを明らかにしている。

メタリカは毎週月曜日にYouTubeとフェイスブックで過去のライヴ映像全編を配信することを発表している。

新型コロナウイルスのパンデミックが続くなか、オンラインでコンサートの映像をストリーミング配信する動きが起こっており、メタリカは第1弾として2019年6月8日に撮影されたアイルランドのスレイン・キャッスルの映像を公開している。

第1弾映像はこちらから。

メタリカは次のように述べている。「すべてのライブラリを一気に見てしまう前にネットフリックスを休む必要があるね。新たなコンサート・シリーズ、メタリカ・マンデーを紹介するよ」

スレイン・キャッスル公演のほか、更なるコンサート映像が配信される予定となっている。

先日、メタリカはジェイムズ・ヘットフィールドの治療を応援するため2つのフェスティバル出演をキャンセルしている。

ジェイムズ・ヘットフィールドが抱えている依存症やアルコール依存の問題についてはバンドの2004年のドキュメンタリー『メタリカ:真実の瞬間』でも描かれており、2019年9月に「回復に向けて取り組む」ためにリハビリに入っている。

メタリカは今回、5月にコロンバスで開催されるソニック・テンプル・フェスティバルと、9月にルイヴィルで開催されるラウダー・ザン・ライフに出演しないことを発表している。ソニック・テンプル・フェスティバルにはメタリカに代わって、レッド・ホット・チリ・ペッパーズとトゥールが出演することが明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ