GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはカニエ・ウェストとの電話の内容が明らかになったことについてインスタグラムで言及している。

カニエ・ウェストは“Famous”で「俺は今でもテイラーとセックスしたいかも/なぜって、あのビッチを有名にしたのは俺だから」とラップして物議を醸していた。歌詞によって諍いが起きるなか、カニエ・ウェストは歌詞の内容についてテイラー・スウィフトは電話で了承していたと述べており、その後、妻のキム・カーダシアンは電話を録画した動画を投稿していた。

しかし、今回、新たな動画が公開されており、カニエ・ウェストが最終的に曲で使われたのとは違う一節を伝えたことが明らかになっていた。

テイラー・スウィフトはインスタグラムのストーリーで電話の全容が明らかになったことに言及しており、次のように述べている。

「私がずっとあの電話について真実を言っていたこと(御存知の通り、あれは違法で録音され、誰かがこの4年間、私や家族やファンを嫌な目に合わせて陥れるために編集したのよ)を証明する動画がリークされたことについて私がどう思ったか尋ねてくる人たちに答える代わりに、上にスワイプして本当の問題を見て」

彼女は続けてアメリカのフードバンクの名前を出している。「WHOとフィーディング・アメリカは私が寄付している団体なの。もし余裕があったら、この大変な時に寄付する形で私に加わって」

テイラー・スウィフトは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、先日も接触を避けることがちゃんと行われるか「懸念」していると述べていた。

「みんなのことを本当に愛しているから、今、事態が十分に真剣に捉えられているかについての懸念を表明しておきたい。いまだに一緒にいるところをたくさん見るし、出かけたり、パーティーだったりが今なお行われている」

「今は予定をキャンセルして、できる限り人から離れる時であり、病気を感じていなければ、お年寄りや弱い人々にうつすことはないと仮定しないで」

「恐ろしい時だけれど、今は犠牲を払うことが必要なの」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ