GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイがパリ同時多発テロの犠牲者に哀悼の意を表して、11月13日にロサンゼルスで行ったライヴをジョン・レノンの“Imagine”のカヴァーから始めている。

11月13日の一連の襲撃で少なくとも132人が亡くなったと報じられており、最大の被害を出すことになったのは、イーグルス・オブ・デス・メタルがヨーロッパ・ツアーの一環としてパフォーマンスを行ったバタクランの会場だった。警察は会場のなかで87人が殺害されたとしており、襲撃後、犯人は射殺されている。

犠牲者への哀悼の意を表して、ベラスコ・シアターで行われたライヴでコールドプレイは“Imagine”のカヴァーを披露している。

https://twitter.com/zainabziti/status/665537558898675712

また、現地バタクランの前では11月14日の朝に無名のミュージシャンによって“Imagine”のカヴァーが演奏されていた。

イーグルス・オブ・デス・メタルはメンバーは全員無事で、クルーの所在を確認しようとしているという声明を発表している。

フランスの国立競技場「スタッド・ド・フランス」でも襲撃が行われており、何回か爆発があったという。また11区のレストランでも少なくとも1人が発砲したことが明らかになっており、複数の被害者が出たという。

パリに友人を持つミュージシャンや過去にバタクランで公演を行ったミュージシャンなど、世界中のミュージシャンがテロへの恐怖とともに事件への反応を示している。テイラー・スウィフト、ファレル・ウィリアムス、ジャスティン・ビーバー、ジャレッド・レト、AC/DC、サム・スミス、スヌープ・ドッグ、ジャスティン・ティンバーレイクらがメッセージを寄せている。

その記事はこちらから。

https://nme-jp.com/news/8630/

U2とフー・ファイターズは今回の同時多発テロを受けてパリでの公演と、ヨーロッパでの残りの公演をキャンセルしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ