PRESS

Photo: PRESS

リンキン・パークのチェスター・ベニントンがかつて在籍したグレイ・デイズはアルバムの制作過程を追ったドキュメンタリー映像の「メイキング・アメンズ」の第3弾が公開されている。

チェスター・ベニントンの妻であるタリンダ・ベニントンは昨年12月にグレイ・デイズがチェスター・ベニントンと再結成しようとしており、2017年に亡くなった時はアルバムの再レコーディングの最中だったことを明かしている。

『アメンズ』と題されたアルバムはチェスター・ベニントンのバンドメイトや友人、家族といった様々なコラボレーターが参加して完成しており、4月10日にリリースされる。

このドキュメンタリー・シリーズは、バンドの成り立ちや再結成することになった経緯、アルバムを世に出させることになった参加ミュージシャンたちを追ったものとなっている。

最新となる第3弾では2017年にチェスター・ベニントンが自殺したのをバンド・メンバーが知った時のことが語られている。

これまでに公開されてきた動画はこちらから。

「昔のパブリシストが電話をしてきて『ネットを見ろ』と言ってきてね。彼が言うにはチェスターが自殺したって言うんだ。俺は『電話を切ってくれ』と言ってね。それでネットを見たら、本当に至るところで報じられていたんだ」

妻のタリンダ・ベニントンと死後初めて交わした会話についてドラマーのショーン・ダウデルは次のように語っている。「タリンダに電話をして言ったんだ。『詳細が知りたいとか、そんなことじゃないんだ。君たちが必要としているものを知りたい。自分にできることはあるかい?』ってね」

「彼女が『ロサンゼルスのここに来て』と言ったから、子どもたちと妻にキスをして、荷物をまとめてロサンゼルスまで運転したんだ。それから10日間ロサンゼルスにいたんだけど、タリンダが対処していた途轍もない混沌を葬儀の日まで支えようとしたんだ」

チェスター・ベニントンの死についてショーン・ダウデルは次のように語っている。「彼は世界のトップにいたわけでさ。こんなことになるとは思ってなかったよ」

アルバム『アメンズ』については「現代のロック・シーンにおいて最も有名な声の起源と友人たちと元に戻った瞬間」を聴くことができると評されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ