Stefan De Batselier / PRESS

Photo: Stefan De Batselier / PRESS

ノエル・ギャラガーはオアシスの再結成ツアーについて1億ポンドのオファーを断ったとするリアムの主張に反論している。

昨年9月にセカンド・ソロ・アルバム『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』をリリースしているリアム・ギャラガーは一連のツイートでオアシス再結成のオファーを兄のノエル・ギャラガーが断ったとしている。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしていた。「ツアーに対して1億ポンド(約140億円)のオファーがあったんだけど、貪欲な奴には足りないってよ。しょうがないな」

その直前には「一緒にやろうとしたんだけど、ノエル・ギャラガーは死ぬほど金持ちで潤っているから、何のためにもやらないってさ」ともツイートしており、俺は「やりたくてたまらない」から「金のためにやる」と述べている。

それを受けて、ノエル・ギャラガーは自身のツイッター・アカウントで反論しており、次のように述べている。「気にしているかもしれない人へ:マンチェスターの伝説的ロックンロール・グループであるオアシスの再結成について、いかなる人から、いかなる金額で、いかなるオファーがあったかも俺は把握していない」

「ただ、俺が把握しているのはどなたさんかにプロモーションしたいシングルがあるということだ。混乱が広がったのはおそらくそれがゆえなんじゃないかな」

リアム・ギャラガーは先週『アコースティック・セッションズ』がリリースされている。同作には8曲が収録され、最新作『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』の楽曲などのアコースティック・バージョンが収録されている。

“Now That I’ve Found You”や“Alright Now”、“Meadow”といった楽曲のほか、オアシスの名曲“Cast No Shadow”や“Stand By Me”のアコースティック・バージョンも収録され、“Once”のデモも収録されている。

また、リアム・ギャラガーは元マンチェスター・ユナイテッドの選手として知られる俳優のエリック・カントナが出演した“Once”のミュージック・ビデオも公開されている。

先日、“Once”を「ソング・オブ・ザ・イヤー」と評していたエリック・カントナだが、ビデオは彼が広大な宮殿を彷徨いながら同曲を情熱的に歌い上げるものとなっている。

リアム・ギャラガーはベルギーのロック・ウェルヒテルやマンチェスターのヒートン・パークでの大規模公演など、この夏、再びツアーを行うことが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ