GETTY

Photo: GETTY

ルイス・キャパルディは初となるグラミー賞へのノミネートを「チキン・パルメザンを丸々食べるようなこと」になぞらえた上で、「『ゲーム・オブ・スローンズ』を観ている太っちょの少年」のような気分だと語っている。

先日、ルイス・キャパルディはロサンゼルスで開催されたイベントのレッド・カーペットで取材に応じて、グラミー賞にノミネートされた気分はどうかという質問に答えている。ルイス・キャパルディはヒット曲“Someone You Loved”が第62回グラミー賞で最優秀楽曲賞にノミネートされていたが、最優秀楽曲賞はビリー・アイリッシュの“Bad Guy”が受賞している。

「いいかい? たとえるなら、何というか……チキン・パルメザンを丸々食べている時を想像してほしいんだ」とルイス・キャパルディは答えている。「チキン・パルメザンを丸々食べている時を想像してほしい。寝っ転がりながらね。観ているテレビ番組は何だろう? 『ゲーム・オブ・スローンズ』だね。完結する前のさ」

「横になりながら観ているんだよ。腹を膨らませながらね。テレビを観ながら、こう思うんだ。『そうそう、これが人生だよ』ってね」

この投稿をInstagramで見る

I can't stop watching this video of @lewiscapaldi talking about chicken parmesan.

Access(@accessonline)がシェアした投稿 –

「後でトイレに行こうなんてことも考えていないんだ。チキン・パルメザンの後は、そんなこと考えないからね。ただ横たわりながら、『そうだ、これでいいんだよ』みたいなことを思うんだよ。そういう気分だね。『ゲーム・オブ・スローンズ』を観ている太っちょの少年のような気分だよ」

「お腹は愛で膨れているんだ、チキン・パルメザンじゃなくてね。言っていること分かるかい?」とルイス・キャパルディは続けている。

現在、ソロとしての来たる新作のプロモーション活動を行っているワン・ダイレクションのナイル・ホーランはインタヴュー動画が掲載されたインスタグラムの投稿に反応を示して、次のようにコメントしている。「この男とツアーに出ることになっているんだ。助けてほしいね」

先日、ルイス・キャパルディは元交際相手がイギリスの恋愛リアリティ番組「ラヴ・アイランド」の最新シリーズに出演していることに言及して、出演することを前もって知らせてもらっていなかったと語っている。

ルイス・キャパルディは元交際相手であるペイジ・ターリーについて「ラヴ・アイランド」に出演することを事前に「ぜひ知らせてほしかった」とした上で、視聴者の人気投票に勝利して賞金をもらった時には分けてほしいと冗談を飛ばしている。

ニュージーランドのラジオ局「ジ・エッジ」とのインタヴューで現在23歳のルイス・キャパルディは次のように語っている。「賞金は5万ポンドだからね。俺としては、こう言いたいよ。『聞いて。君はちゃんと出演を依頼されたのかもしれないし、僕が理由だとは言わないけど、2000ポンド分けてくれ』ってね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ