GETTY

Photo: GETTY

リンキン・パークのチェスター・ベニントンがかつて10代の頃にフロントマンを務めていたバンドであるグレイ・デイズはバンドの初期のエピソードや彼のヴォーカルを使用した、来たるニュー・アルバムについて語るドキュメンタリー映像が公開されている。

「ラウドワイヤー」によって公開されているおよそ8分のドキュメンタリー映像では、チェスター・ベニントンが15歳でグレイ・デイズに加入した当時のエピソードや、2017年の7月20日に彼が自殺で亡くなる前に計画されていたグレイ・デイズの再結成などについて語られている。

チェスター・ベニントンは1993年にオーディションを経てグレイ・デイズに加入して、1998年に解散するまでフロントマンを務めていた。チェスター・ベニントンはバンドの解散後もドラマーのショーン・ダウデルと良好な関係を築いており、2003年には彼と共に「クラブ・タトゥー」と名付けられたタトゥー・ショップをオープンしている。

「2016年の話ですが、ツアー中のチェスターから電話があり、数年ぶりにクラブ・タトゥーのパーティーをやろうという提案を受けました。それで、僕はグレイ・デイズを再結成させて公演をやろうということを言ったのです」とショーン・ダウデルはドキュメンタリーで語っている。

「2017年の7月、チェスターは僕らとのリハーサルを予定していたので、彼はツアーを離れました。言うまでもなく、7月20日にあの出来事が起きてしまい、チェスターは僕らのもとを去ってしまいました」

ショーン・ダウデルは続けて、チェスター・ベニントンが亡くなったことで「『一緒に始めたことを完成させられない』という思いも自分の中にある」と語っている。

ドキュメンタリーには、バンドが今は亡きチェスター・ベニントンの歌声を使用した来たるニュー・アルバムのレコーディング・セッションに臨んでいる模様も収められている。

アルバムにはチェスター・ベニントンと長年の友人だったコーンのメンバーや彼の息子であるジェイミー・ベニントンを初めとした多くのゲストが参加している。

アルバムに収録されるチェスター・ベニントンのヴォーカルについて、コーンのブライアン・“ヘッド”・ウェルチはドキュメンタリーで次のように語っている。「その幅広さも、力強さも、まるで彼の全盛期のようでね。このプロジェクトで彼の歌声を聴いた時には身震いしたよ」

グレイ・デイズのギタリストであるクリティン・デイズは次のように述べている。「元々のヴィジョンや、チェスターの望んでいたことに忠実であり続けるということを念頭に置いて、チェスターや彼を愛する人たちが誇りに思えるようなものを作ることを目指したんだ」

先週、グレイ・デイズは元々は1993年と1996年にレコーディングされた楽曲だというチェスター・ベニントンが参加した未公開楽曲“What’s In The Eye”が公開されている。この曲は現時点でタイトルの明かされていないニュー・アルバムからの最初の楽曲となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ