GETTY

Photo: GETTY

メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドは今月ロサンゼルスで開催されるイベントに出席して、昨年にリハビリ施設に入所して以来、初めて公の場に姿を見せるという。

メタリカは昨年9月、ジェイムズ・ヘットフィールドがここ数年の間に「克服と再発を繰り返して」きた依存症のリハビリ治療に専念するためにオーストラリア&ニュージーランド・ツアーを延期することを発表している。

以来、ジェイムズ・ヘットフィールドはこれまで公の場にほとんど姿を見せていなかったものの、「ラウドワイヤー」によればジェイムズ・ヘットフィールドは今月、ロサンゼルスのピーターソン自動車博物館で開催される自身がカスタムした10台のヴィンテージ・カーのコレクションが展示される展覧会のオープニング・イベントに出席するという。

ジェイムズ・ヘットフィールドは現地時間1月30日よりピーターソン自動車博物館で「リクレイムド・ラスト:ザ・ジェイムズ・ヘットフィールド・コレクション」と銘打った展覧会が開催されることが決定しており、彼はこの日、オープニング・イベントに出席して「トーク・イベントと自身のESPギター2本のオークション」に臨むという。

「『リクレイムド・ラスト』はアーティストの表現と連動する2つの業界を繋げるものになっています」とピーターソン自動車博物館で取締役を務めるテリー・L・カーゲスは声明で展覧会について述べている。「これはヘットフィールドのコレクションが公に展示される初めての機会となっており、素晴らしい車たちに秘められたインスピレーションを世の中に共有できることを楽しみにしています」

一方、メタリカは先週、ラッシュのドラマーであるニール・パートが亡くなったことを受けてラッシュの“Tom Sawyer”をライヴでカヴァーしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ