GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッドは複数のメンバーが健康的な問題を抱えるなか、バンドについて「不滅」だと語っている。

ロニー・ウッドは2017年に肺ガンを克服しており、チャーリー・ワッツは2度の手術を行って2006年に咽頭ガンを克服している。今年、ミック・ジャガーは心臓弁の手術を受けているほか、キース・リチャーズは2006年に木から落ちて脳出血を経験している。

今回、ロニー・ウッドは次のように語っている。「チェインスモーカーとしての50年を経て俺の人生は危機一髪だったけどさ、でもまだ生きているわけでね。医者は肺から腫瘍を取り除くことができたわけでさ。ガンが広がらなかったことは神に感謝だよ」

「チャーリーも数年前に咽頭ガンをやってるし、キースが椰子の木から落ちて出血したのも忘れないけどさ。万事順調なのは本当に奇跡だよね。ストーンズは不滅なんだよ」

ロニー・ウッドはこれまで以上に健康だと語っている。「今の俺の肺はタバコを吸っていない若者のように動いているんだ。4年前にやっとタバコをやめたんだ。70年代が最も破天荒な時期だったね」

先日、ロニー・ウッドはかつてパーティーの際にコカインを吸うために理科の実験用バーナー、ブンゼンバーナーを使用していたことを明かしている。「クラック、いわゆるフリーベースだったと思うんだけど、俺は支配されてしまってね。俺はまったくコントロールがきかなかったんだ。やめるまでに3年ぐらいかかったね」

「それがあると、徹底的に楽しむというね。行く場所にはどこにでも持っていったよ。最高のことだと思っていたらからね。パーティーにも持っていって、『みんなやってみろよ』ってさ。それで巨大なブンゼンバーナーとパイプ、フリーベースなんかを取り出すんだ。みんなは『クレイジーだ』って言ってたけどさ。俺は気に入っていたんだよね」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ