GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは来年のレディング&リーズ・フェスティバルに出演するという秘密をもらしており、フェスティバルの主催者は追ってそれを認めている。

まだ2020年のラインナップやヘッドライナーを発表していなかったレディング&リーズ・フェスティバルだが、リアム・ギャラガーは出演する予定であることをツイッターで先立って明らかにしていた。

「レディング&リーズだ、分かるだろ」とリアム・ギャラガーは11月29日に320万人のフォロワーに向けてツイートしている。

レディング&リーズ・フェスティバルの公式ツイッター・アカウントはこのツイートを受けて「一足先のクリスマス・プレゼント」だとしてリアム・ギャラガーがヘッドライナーを務めることを発表している。

来年のレディング&リーズ・フェスティバルは2020年8月28日〜30日に開催される。

今年のレディング&リーズ・フェスティバルは8月23日〜25日に開催され、ザ・1975、ポスト・マローン、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、フー・ファイターズがヘッドライナーを務めている。25日の午後に出演したビリー・アイリッシュはレディング・フェスティバルで過去最大規模のオーディエンスを集めている。

一方、リアム・ギャラガーは先日、兄であるノエル・ギャラガーからツイッターのアカウントを凍結せられそうになったと批判している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ