GETTY

Photo: GETTY

オジー・オズボーンは謎めいたイベントへの招待状を公開して、新曲“Straight To Hell”をリリースすることを予告している。

オジー・オズボーンは公式サイトに招待状のイメージを投稿して、アメリカ東海岸時間11月22日午前0時に何かが起こることをファンに呼びかけている。

オジー・オズボーンのソーシャル・メディアにも投稿されているこのポストカードには「みんなを11月22日の金曜日の午前0時に俺のもとへと招待するよ。地獄へ直行(Straight To Hell)することになる」と記されている。その後の投稿では新曲の14秒間の音源も公開されており、新曲“Straight To Hell”は日本時間11月22日午後2時に公開されるものと見られている。

オジー・オズボーンによる一連の投稿はこちらから。

現地時間11月20日、オジー・オズボーンは今週末に開催されるアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式でポスト・マローンとトラヴィス・スコットと共にライヴ復帰を果たすことが明らかになっている。

オジー・オズボーンは現地時間11月24日に開催される授賞式でコラボレーション曲“Take What You Want”を披露する予定となっている。授賞式は日本時間で11月25日午前10時より開始される。

授賞式では他に、グリーン・デイが『ドゥーキー』の25周年を祝福するパフォーマンスを行うほか、クリスティーナ・アギレラやビリー・アイリッシュ、ジョナス・ブラザーズらが出演することが決定している。

先週、オジー・オズボーンはマリリン・マンソンと共に共同ツアーを行うこも発表している。

相次ぐ身体的不調のためにワールド・ツアーを延期をしていたオジー・オズボーンだが、マリリン・マンソンと共に北米ツアーを行うことを発表している。オジー・オズボーンは肺炎の治療期間中に自宅で転倒し、怪我のために首の手術を受けており、「これまでの人生で経験したどんなものも上回るような苦しみ」を味わったと語ってた。

オジー・オズボーンは先日、シングルの”Under The Graveyeard”と共に新作『オーディナリー・マン』をリリースすることを発表しており、マリリン・マンソンとの共同ツアーは5月27日のアトランタ公演からスタートし、7月31日のラスベガス公演で締めくくられる予定となっている。10月と11月にはヨーロッパ・ツアーの振替公演が決定しており、こちらはジューダス・プリーストと共に行われる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ