GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは最新楽曲“Daily Battles”をテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」で披露している。

2019年2度目の出演となった現地時間11月14日の放送でトム・ヨークは同曲を披露しており、“Daily Battles”はエドワード・ノートンが脚本・監督・制作を手掛ける映画『マザーレス・ブルックリン』に提供された曲となっている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

先日、トム・ヨークは「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」も出演して『アニマ』からの3曲を披露したほか、同作より“Last I Heard (…He Was Circling the Drain)”のミュージック・ビデオも公開されている。

最新作『アニマ』は全曲トム・ヨークが作曲を手掛け、長年レディオヘッドやトム・ヨークの作品に携わってきたナイジェル・ゴドリッチがプロデューサーを務めている。アルバムは映像作家タリク・バリと共にアトムス・フォー・ピースの『Amok』以降、展開・成長させてきたオーディオ・ヴィジュアル型のライヴ・ショウに端を発した制作プロセスを経て完成したという。その他、レディオヘッドのドラマーのフィル・セルウェイや、アトムス・フォー・ピースのドラマーであるジョーイ・ワロンカーも参加している。アートワークにはおなじみのスタンリー・ドンウッドとドクター・チョックによる美しい鉛筆画が採用されている。

『アニマ』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ