GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは待望のニュー・アルバムである『ジーザス・イズ・キング』のリリースの遅れについて最新情報を明かしている。

2018年発表の『イェー』に続くゴスペルの影響を受けているというアルバムは元々のリリース日だった9月から約1ヶ月近く遅れて、本日10月25日にリリース予定となっていた。

しかし、当初予定されていたアメリカ東海岸時間の10月25日深夜0時にアルバムはリリースされておらず、ファンは落胆することとなっている。

カニエ・ウェストは遅れることになった理由を説明しており、ファンの我慢と愛情に感謝を述べている。

「具体的に言うと、“Everything We Need”、“Follow God”、そして“Water”のミックスを整えているところなんだ」とカニエ・ウェストは『ジーザス・イズ・キング』に収録の3曲を挙げてツイートしている。「アルバムが出るまで俺たちは寝ないよ」

カニエ・ウェストは映像作品『ジーザス・イズ・キング』は世界各地で10月25日より1週間限定で公開されることも決定している。

ニック・ナイトが監督を務めた『ジーザス・イズ・キング』は概要で以下のように述べられている。「カニエ・ウェストの名高いサンデー・サービスを、先見性のあるアーティストのジェームズ・タレルによるアリゾナ州北東部の砂漠にあるローデン・クレーターの未公開インスタレーションで行ったものです」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ