GETTY

Photo: GETTY

ブラック・サバスのトニー・アイオミはリハビリに専念するためにツアーを延期することを発表したメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドにメッセージを送っている。

メタリカは先週、ジェイムズ・ヘットフィールドがリハビリに専念するために、来月から予定されていたオーストラリア/ニュージーランド・ツアーを延期することを発表している。

メタリカは現地時間9月27日にバンドの公式サイトとソーシャル・メディアを通じてツアーの延期を発表して、次のように述べている。「君たちの多くも知っているかもしれないけど、俺たちの兄弟であるジェイムズはここ数年の間に、依存症の克服と再発を繰り返してきたんだ。残念ながら、ジェイムズはもう一度回復に向けて取り組むために、再び治療プログラムを受ける必要が出てきてしまったんだよ」

トニー・アイオミは現地時間10月2日、ソーシャル・メディアにジェイムズ・ヘットフィールドと共に写った写真を投稿して、彼にメッセージを送っている。

「ジェイムズ・ヘットフィールドに心からの思いを送るよ」とトニー・アイオミはメッセージを始めている。「君は助けを求めるために正しい行いをしたんだ。友人である君のことを思っているよ。君が回復してくれることを切に願っている。復活を果たした君に、近いうちに会えることを楽しみにしているよ。君の仲間、トニーより」

メタリカは10月17日にオーストリアのパースからツアーをスタートさせ、11月2日にニュージーランドのオークランドで行う公演で最終日を迎える予定となっていた。

このツアーをメタリカと共同で回る予定だったスリップノットはツアーの延期を受けて声明を発表して、次のように述べている。「ツアー延期の知らせをついさっき聞いて、次にどう動くか決断するため出来る限り迅速に動いているところです。なるべく早く知らせるつもりです」

「もちろん、ジェイムズとメタリカの心中もお察しします。彼らの他ならぬ幸せを心から祈っています。みんなにすぐに会えることを願っています」

メタリカは『S&M〜シンフォニー&メタリカ』の20周年を記念した公演が、『メタリカ&サンフランシスコ交響楽団:S&M²』として10月9日に日本で劇場公開されることが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ