GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは、ニュー・アルバム『ジーザス・イズ・キング』が今月末にリリースされることを明らかにしている。

リリース予定とされていた新作『ヤンディー』はいまだにリリースされていないものの、今回代わりに新たなアルバムが発表されている。このアルバムは、昨年リリースしたアルバム『イェー』以来のリリースとなり、カニエ・ウェストが行っているゴスペルによるサンデー・サービスのセッションを反映したアルバムになると見られている。

カニエ・ウェストの妻のキム・カーダシアンは現地時間8月29日にソーシャル・メディアの2つの投稿の中で『ジーザス・イズ・キング』に関する最初の発表を行っており、9月27日というリリース日やアルバムのタイトル、12曲に及ぶトラックリストを公開していた。

この投稿をInstagramで見る

🙏🏼 9.27.19 🙏🏼

Kim Kardashian Westさん(@kimkardashian)がシェアした投稿 –

今回、カニエ・ウェスト自身もこのリリース日を認めている。

週末にアトランタのニュー・バース・ミッショナリー・バプティスト・チャーチで開催されたサンデー・サービスで会場を訪れた600人に語った中で、カニエ・ウェストはアルバムが9月27日にリリースされることを認めている。

カニエ・ウェストは自身のオフィシャル・サイトでもキム・カーダシアンが投稿した、開かれた聖書および聖書の文言が殴り書きされている黄色いメモと共に写っているトラックリストの写真を掲載しており、アルバムのリリースを正式に認めている。

カニエ・ウェストは今年5月に新曲“Brothers”をリリースすることを予告し、同曲は7月にBETで放映されたテレビ番組「テイルズ」に提供されている。“Brothers”は番組の脚本を務めるアーヴ・ゴッティとの共作となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ