Press/Jack Edinger

Photo: Press/Jack Edinger

フォール・アウト・ボーイは先日リリースした新曲“Dear Future Self (Hands Up)”をアメリカのテレビ番組で披露している。

フォール・アウト・ボーイはグリーン・デイ、ウィーザーと共に大規模なジョイント・ツアー「ヘラ・メガ・ツアー」を行うことを発表しており、それに合わせて“Dear Future Self (Hands Up)”をリリースしている。

“Dear Future Self (Hands Up)”は11月15日にリリースされるコンピレーション・アルバム『ビリーヴァーズ・ネヴァー・ダイ-グレイテスト・ヒッツ-ヴォリューム2』に収録される。

「ジミー・キンメル・ライヴ」でのパフォーマンス映像はこちらから。

フォール・アウト・ボーイのピート・ウェンツは新曲“Dear Future Self (Hands Up)”について、バンドにとってワイクリフ・ジョンとの仕事は長年の夢だったと語っている。

「俺たちはずっと(彼が所属していた)フージーズやワイクリフ・ジョンの大ファンだったんだ」とピート・ウェンツは語っている。「彼は並外れたメロディー・センスを持っているんだよ。地球上のあらゆるものをミックスしたようなものになっていているのが分かると思うよ。クールだと思うし、僕は自分の子供たちがいろいろな曲を聴いていることに刺激を受けているんだけどさ、クイーンからリル・ウージー・ヴァートまで、いろいろなものを聴いていてね。そういうわけで、自分たちの持っているものをすべて詰め込んだんだ」

「グレイテスト・ヒッツ的なものを作ったんだ。変に聞こえてしまうかもしれないけど、グレイテスト・ヒッツのようなものになっている。言っていること分かるかな? 変なんだけどさ。試食用の皿という感じなんだ。そういうものだと言えるよ。ちょっとした試食用の皿なんだ。『僕は一般的なファンなんだけど、一番人気のメニューは何ですか?』って訊かれるような感じだよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ