GETTY

Photo: GETTY

ヤングブラッドは最新シングル“Hope For The Underrated Youth”の映像が公開されている。

“Hope For The Underrated Youth”は7月27日に行われたテムズ川での特別公演を受けて公開された楽曲となっている。映像は当日の模様を収めたものとなっており、パフォーマンスのクライマックスでヤングブラッドは国会議事堂の壁面に「過小評価を受けている若者にも希望はある(There’s hope for the underrated youth)」というメッセージを映し出している。

“Hope For The Underrated Youth”の映像はこちらから。

「今の世界っていうのは、何を気にして、何を考え、どんな空気で呼吸するかも空気を読めと指図してくるんだ」とヤングブラッドは“Hope For The Underrated Youth”について語っている。「状況は劇的に変わっていて、多くの場合はよくない方向へと向かっている。見るのも厳しいくらいね」

彼は次のように続けている。「毎日、多くの若者に会っているんだけど、俺が見つけた共通項は無関心に立ち向かいたいという不変の欲求と、より良いより公平な世界のために闘うなら何でもやるという楽観性だった。この曲は発言の自由、表現の自由についての曲なんだ。この曲は先進的な、反人種差別的な、LGBTQとリベラルにおいて『罪人』である俺たち全員のための曲でもあるんだ」

「俺は過小評価を受けている若者にも希望はあることが分かったし、未来は明るいものだと信じているよ。俺たちがその渦中にいるんだからね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ