Jens Koch

Photo: Jens Koch

ラムシュタインはロシア公演で政府の反LGBTQ政策への抗議としてメンバー同士がキスした動画や写真がオンラインで公開されている。

大胆かつセクシャルなイメージで知られるラムシュタインだが、モスクワのルジニキ・スタジアム公演のステージ上でギタリストのパウル・ランダースとリヒャルト・クルスペは“Auslander”の演奏中にキスしている。

ラムシュタインはそのときの写真を「ロシア、愛しているよ」というキャプションとともに公開している。

この投稿をInstagramで見る

Россия, мы любим тебя! Photos: @jenskochphoto

Rammsteinさん(@rammsteinofficial)がシェアした投稿 –

ファンが撮影した動画はこちらから。

2人がツアーでキスしたのはこれが初めてではなく、ファンは2人を「パウルヒャルト」と呼んでいる。またポーランドではフロントマンのティル・リンデマンが観衆の中を小型ゴムボートで渡りながらレインボーフラッグを振り、プライド月間に襲撃を受けたポーランドのLGBTQコミュニティを支援していた。

ラムシュタインは今年5月に通算7作目となる最新作『(タイトルなし)』をリリースしている。

最新作のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ