GETTY

Photo: GETTY

ボリス・ジョンソンが現地時間7月23日に英・保守党党首選に勝利して英国の次期首相になることが決定したことを受け、音楽業界の著名人らが反応を示している。

10月31日までにEU離脱を実現させるべく、離脱推進派であるボリス・ジョンソンはジェレミー・ハントを破って保守党党首選に勝利している。

ボリス・ジョンソンは明日正式に首相に就任する予定で、離脱協定を繰り返し可決できずに5月に辞任することを発表したテリーザ・メイを引き継ぐことになる。

ストームジーは最初に反応を示した1人で「政府なんかくそくらえだ。ボリスもくそくらえだ」という注目の歌詞で知られる全英1位曲“Vossi Bop”のミュージック・ビデオをリツイートしている。

一方、レディオヘッドのトム・ヨークはイートン・カレッジの大学院がボリス・ジョンソンの生徒に対する「傲慢」な態度を批判している文書のスクリーンショットをリツイートして、一言「ファック・ユー」とツイートしている。

スロータイも怒りの声を上げており、ボリス・ジョンソンのことをアメリカのドナルド・トランプ大統領の「劣化版」と呼んでいる。

「また新たな無能なバカが首相官邸に入るんだ。トランプの劣化版だよ。自分の家から立ち退かせてくれよ」と彼は述べている。「くそくらえだよ、ボリス」

ザ・シャーラタンズのフロントマンであるティム・バージェスもボリス・ジョンソンが当選したことへの不満を表明した一人となっている。ティム・バージェスは以前、過去に今の世界の政治情勢を予言していたとして話題になっていた。「いつかの未来:ドナルド・トランプ大統領が大理石のジャグジーに浸かりながら、カラーボールのプールに浸かったボリス・ジョンソン首相とテレビ電話」とティム・バージェスは2015年11月9日にツイートしている。

ティム・バージェスはボリス・ジョンソンが保守党党首選に勝利を収めたことを受けて次のようにツイートしている。「最悪だ。僕が4年前に予測したことが現実になったんだ」

音楽業界の著名人らの反応はこちらから。

「ボリス・ジョンソンはウソをついたことが原因で様々な役職を解かれてきた。人種差別や同性愛嫌悪的な発言もたくさんしてきたし、彼に何人の子供がいるのかすら分からない。どうして彼に放水銃を渡してしまったんだい? それで浣腸すべきだったのに」

「クソ食らえだ。ボリスなんてありえない。この時期に穏健なアメリカに戻って来られてよかったよ……おっと、そんなことはないな」

「専門家たちが災難になるって言っているなかで、上流階級の金持ちたちからEU離脱に前向きになるように言われているんだ。おかしいよね」

「彼はまだ(正式には)首相になっていないわけでね……保守党へ。どうかこれを現実にしないでほしい」

「俺の首相じゃない」

一方、ボリス・ジョンソンの党首選勝利が発表された際、議会の外ではこれに抗議する人々がミューズの“Uprising”を流していたことが報じられている。

ジョニー・マーは以前、ボリス・ジョンソンを愛嬌のある愉快な人物だと考えている人々に警鐘を鳴らしている。

「愛嬌のある愉快なキャラクターであるかのように『ボリス』と呼ぶのは止めてもらいたいね」とジョニー・マーはツイートしている。「彼のことはきちんとフルネームで呼ぶべきだ。『ろくでなしのボリス・ジョンソン』とね」

ジョニー・マーはその後行ったスペインでの公演で「イングランドにいる全員がクソ野郎というわけではないんだ」と観客に語りかけている。

ジョニー・マーは過去にも元首相のデーヴィッド・キャメロンを批判して、ザ・スミスのファンになることを「禁止」していたほか、2015年に保守党が障害者手当を週30ポンド減らす計画を立てていたことが明るみになった際には政策について「冷酷」だと批判している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ