GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは11月のUKツアーでサポート・アクトをスロータイが務めることを発表し、ツアーのチケットは本日7月12日に発売されて、ほとんどがソールド・アウトとなっている。

先月、リアム・ギャラガーはスロータイについて「ちょっとジョニー・ロットンのヴァイブを感じた」と語り、ツアーでサポート・アクトを務めることを望んでいた。

リアム・ギャラガーはサポート・アクトについてニュースを発表し、次のように述べている。「UKツアーのチケットの発売が開始されたこと、そして唯一無二のスロータイがメインのサポート・アクトだということを発表できて嬉しいよ」

https://twitter.com/liamgallagher/status/1149588050646667264

チケットは現地時間7月12日午前9時に発売が開始されている。9時45分までには、11月14日にスコットランドのアバディーンにあるP&Jライヴで行われる公演と11月29日にロンドンのO2アリーナで行われる追加公演のチケットをいくらか残して、あとはすべてが売り切れている。

「Beats 1」のマット・ウィルキンソンの番組で行われたインタビューの中でリアム・ギャラガーはツアーについて次のように語っていた。「(テレビ番組の)『サッカーAM』でスロータイを観たんだけどさ、ちょっとジョニー・ロットンのヴァイブを感じたんだ。彼は11月に俺たちとツアーに出ることになると思うよ。ギター・バンドたちを大勢引き連れるのもいいけど、それだけっていうのもさ……」

リアム・ギャラガーは息子のジーンからスロータイの音楽を紹介されたといい、次のように続けている。「彼とはまだ会ったことがないんだけどね。ただ、さっきも言ったけど、彼は11月に俺たちとツアーを回ることになるはずだよ」

同じインタビューの中で、リアム・ギャラガーはファット・ホワイト・ファミリーも同様に気に入っており彼らにもツアーに参加してもらいたいと思っていると語っている。しかし、リアム・ギャラガーは次のように続けている。「彼らをツアーに連れて行くことも考えたけど、彼らはショウビズには興味を示さないんじゃないかって思ってね。今もアンダーグランドにこだわっているんじゃないかってさ」

リアム・ギャラガーの今回のツアーは現地時間9月20日にリリース予定の通算2枚目のソロ・アルバム『ホワイ・ミー?・ホワイ・ノット』を引っさげて行われる。ソロータイはデビュー・アルバム『ノッシング・グレイト・アバウト・ブリテイン』を5月にリリースしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ