GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパは大きな期待の寄せられているセカンド・アルバムについて「まもなく」リリースされると語っている。

ノードフ=ロビンズ・センターによるシルバー・クレフ賞のレッドカーペットに登場したデュア・リパはBBCに次のように語っている。「この時を待っていたから、すごく嬉しい。緊張してるわ。もう一度一から始めるような感じね」

デビュー・アルバムを2017年にリリースしているデュア・リパだが、「もう泣きそうだった」というナイル・ロジャースとの作業やトーヴ・ローと共にセカンド・アルバムの制作を進めていることが報じられている。

「私がどんな人間かについてより触れたものとなっているの」と彼女は2枚目のアルバムの展望について語っている。「今は私が何をやって、何を言いたいか、明確な考えがあるの。恐れていないわ」

続けてデュア・リパは新作について「ファンやリスナーと続けている会話」のようなものと評している。

「音楽でファンに安全なスペースを確保したいのよ」と彼女は語っている。「そこにファンは来て、音楽を聴いて、繰り出すことができるの。これは私にとってすごく重要なことなの」

デュア・リパは『007』の最新作の主題歌をレコーディングしたのではないかと報じられている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ