GETTY

Photo: GETTY

マイリー・サイラスはドラマ『ブラック・ミラー』でナイン・インチ・ネイルズをカヴァーした音源の映像が正式に公開されている。

先週、『ブラック・ミラー』の制作陣は新シーズンの配信開始に際してナイン・インチ・ネイルズの楽曲にアレンジを加えたものをマイリー・サイラスが歌うことを発表していた。

『ブラック・ミラー』はディストピアを描いたSFヒット作で、「アシュリー・トゥー」と題された第3話で、マイリー・サイラスはファンの執着の標的となる10代のポップ・アイドルを演じている。

今回、アシュリー・オー名義でナイン・インチ・ネイルズの“Head Like A Hole”をアレンジした“On A Roll”の音源と映像が正式に公開されている。

ナイン・インチ・ネイルズと『ブラック・ミラー』のコラボレーションについて制作者のチャーリー・ブルッカーはトレント・レズナーが「すぐに話を進めて」くれて、関われることを「喜んでくれた」と語っている。

「彼が脚本を見たいと言ったから、僕は歌詞を陽気に書き直したんだ」とチャーリー・ブルッカーは語っている。「僕は世界で最高の作詞家なんかじゃないからね。オリジナルでは『You’re going to get what you deserve(君は自分に値するものを手に入れる)』というところを『I’m stoked on ambition and verve(やる気や活気にはうんざりしている)』と歌っているんだ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ