GETTY

Photo: GETTY

モリッシーは現地時間5月13日に「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」に出演した際、物議を醸している政党「フォー・ブリテン」のバッジを身に付けていたという。

モリッシーは5月24日にカヴァー・アルバム『カリフォルニア・サン』がリリースされるのに合わせて同番組に出演している。

ジョブライアスの“Morning Starship”のカヴァーを披露したモリッシーだが、そのジャケットには「フォー・ブリテン」の三叉のロゴが描かれたバッジが付けられていた。

パフォーマンスの映像はこちらから。

モリッシーは先週5月8日にもニューヨークのブロードウェイでの連続公演で「フォー・ブリテン」のバッジを身に付けていることが話題となっていた。

昨年、モリッシーはイギリス独立党の党首選に敗れたアン・マリー・ウォーターズによって2017年に設立された「フォー・ブリテン」党を支持していることを明かしている。

「フォー・ブリテンはいかなるメディアの支援も受けていないし、よくある子供みたいな人種差別主義者呼ばわりの批判をされてきた。だけど、人種差別主義者という言葉は、『私に同意しないならあなたは人種差別主義者です』っていうこと以外にはもはや意味のない言葉だと思っているんだ。人々はこんなにもすっかりバカになってしまうんだよ」

モリッシーはその後、「フォー・ブリテン」党への支持を表明する公開書簡を投稿し、その中で人種差別やファシズムについて「軽蔑する」と綴っている。「僕は人種差別を軽蔑する。僕はファシズムを軽蔑する。僕はイスラム教徒の友人のためなら何だってするし、彼らも僕のために何だってしてくれることを知っている。こういう視点から考えれば、我々の安全を守ってくれるイギリスの政党はたった1つしかないんだ。それはフォー・ブリテンなんだよ」

カヴァー・アルバム『カリフォルニア・サン』にはグリズリー・ベアのエド・ドロスト、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、ブロークン・ソーシャル・シーンのアリエル・エングルらが参加している。アリエル・エングルはモリッシーの政治観について彼と仕事をした後に知ったと発言している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ