GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのコリィ・テイラーはガンズ・アンド・ローゼズの“It’s So Easy”をカヴァーした映像がオンラインで公開されている。

スリップノットとして今年ニュー・アルバムのリリースが控えているコリィ・テイラーは先週末、コリィ・テイラー&フレンズ名義でソロ公演を行っている。

コリィ・テイラーは現地時間4月14日にウィスコンシン州のグリーン・ベイ・ディスティラリーで行った公演で、ガンズ・アンド・ローゼズのファースト・シングルである“It’s So Easy”をカヴァーしている。“It’s So Easy”はガンズ・アンド・ローゼズが1987年にリリースしたデビュー・アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』に収録されている。

コリィ・テイラーによるカヴァーはオリジナルに忠実なものとなっており、パフォーマンスの終盤にはギタリストによるギター・ソロも披露されている。

コリィ・テイラー&フレンズはこの日の公演でヴァン・ヘイレンの“Hot For Teacher”もカヴァーしている。コリィ・テイラーは彼の婚約者であるアリシア・ドーヴも所属するダンス・グループのチェリー・ボムズをバックにステージの前方でパフォーマンスを行っている。

観客が撮影したパフォーマンスの模様はこちらから。

コリィ・テイラーは今月末でソロでのツアーを終え、その後スリップノットとしての新作やツアーに取り組む予定となっている。スリップノットは6月にイギリスのダウンロード・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが決定している。

スリップノットはまだタイトルの明かされていないニュー・アルバムを8月9日にリリースすることも発表されている。

一方、スリップノットは先日、パーカッショニストのクリス・フェーンが残りのバンドメンバーに対して訴訟を起こしたことを受けて、クリス・フェーンが脱退したことを発表している。元スリップノットのメンバーであるアンダーズ・コルセフニはその後、クリス・フェーンの後釜としてバンドに復帰するのではないかという噂を否定している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ