GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは彼女に対するストーカー容疑で逮捕された容疑者に最長で4年の懲役が言い渡されることが明らかになっている。

現在23歳のロジャー・アルヴァラードは今年3月にテイラー・スウィフトのニューヨークの自宅に侵入した容疑で逮捕されている。ロジャー・アルヴァラードは2018年4月にも同じくテイラー・スウィフトの自宅に侵入した容疑で逮捕されており、わずか数週間前に6ヶ月の懲役を終えたばかりだった。

ロジャー・アルヴァラードは今月、テイラー・スウィフトに今後近づかないことを条件に検察との司法取引に応じており、有罪を認めたロジャー・アルヴァラードには2年から4年の懲役が言い渡される予定になっている。

ロジャー・アルヴァラードは現地時間4月15日にニューヨーク郡裁判所に出廷して、判事のローラ・ワードから「テイラー・スウィフトに絶対に二度と接近しない」よう警告されている。

「いかなる電話や、手紙、動画での接触も禁じます」とローラ・ワードは述べ、次のように続けている。「今後、あなたが裁判官のお世話にならないことを願っています」

ロジャー・アルヴァラードには半年間の懲役を終えた際に5年間の保護観察処分が言い渡されていたほか、地元のフロリダでメンタルヘルスの治療のためのプログラムに参加するように命じられていた。

しかしながら、ロジャー・アルヴァラードは出所時の取り決めを無視して今年3月にニューヨークのトライベッカにあるテイラー・スウィフトのマンションを再び訪れ、保護観察や接近禁止令に違反している。

地元当局によれば、ロジャー・アルヴァラードはテイラー・スウィフトの自宅にあるガラス製の扉を破壊している様子が監視カメラの映像に収められていたことがきっかけとなって逮捕されたといい、彼女に4000ドル(約45万円)相当の被害をもたらしたとされている。

事件当時、テイラー・スウィフトは不在だったとのことで、テネシー州ナッシュヴィルの拠点で監視していたセキュリティ・チームがロジャー・アルヴァラードの行為を発見して地元の警察に通報したという。

ロジャー・アルヴァラードは逮捕時に拘置所で応じた『ニューヨーク・ポスト』紙によるインタヴューの中で、今後またテイラー・スウィフトの自宅に侵入しようと「するだろう」として、自身の行為を後悔していないと語っている。

「彼女を傷つけようとは思っていません」とロジャー・アルヴァラードは主張している。「僕は彼女に話しかけようとしただけで、話がしたかっただけなのです。彼女は優しそうですし、クールだと思います」

現時点でテイラー・スウィフトはロジャー・アルヴァラードへの判決に関してコメントを発表していない。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ