GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤング&クレイジー・ホースは7年ぶりとなる新作のレコーディングのためにスタジオ入りしたことが明らかになっている。

ニール・ヤング&クレイジー・ホースとしての現時点での最後のアルバムは2012年に発表した『サイケデリック・ピル』となっており、昨年には4年ぶりとなるライヴを行っている。

ニール・ヤングは当時、クレイジー・ホースとのライヴについて彼らにとって「新たな美しいチャプターの始まり」だと語っていた。今回、ニール・ヤングは自身のウェブサイト「ニール・ヤング・アーカイヴス」でファンからの新作に関する質問に答えている。

「クレイジー・ホースは11人の新曲と共にスタジオに入る予定だよ」とニール・ヤングは簡潔に述べている。「コンシークエンス・オブ・サウンド」によれば、ニール・ヤングは続けて次のように続けているという。「今年リリースされる僕らの新曲をファンのみんなが楽しんでくれることを心から願っているよ。僕らが楽しみながら作ることになるのは分かっているからね」

カナダ出身のニール・ヤングは1969年にクレイジー・ホースとの最初のアルバム『ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース』をリリースして以来、現在までにEPやライヴ・アルバムを含む23枚の作品を彼らとの名義でリリースしている。

一方、ニール・ヤングは昨年、自身のキャリアを網羅したウェブサイト「ニール・ヤング・アーカイヴス」による新たな有料のサブスクリプション・サービスの開始と、スマートフォン用のアプリのリリースを発表している。

「ニール・ヤング・アーカイヴス」は、彼のこれまでのキャリアを通じたあらゆるカタログ音源や映像が公開されているサイトとなっている。「これはライフワークなんだ」とニール・ヤングは「ニール・ヤング・アーカイヴス」について述べている。「完成することはないんだよ」。有料会員はすべての音源をハイレゾ音源でストリーミングすることが可能になっているほか、年表順に並んだこれまでの音楽や映像、書籍、写真、原稿、メディア資料といったすべてのコンテンツにアクセスすることができるという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ