GETTY

Photo: GETTY

セックス・ピストルズのジョン・ライドンはザ・プロディジーのキース・フリントが月曜日に亡くなったことを受けて、彼に追悼の意を表している。

キース・フリントはエセックスのダンモウにある自宅で亡くなっているところを発見されている。警察は『NME』にその死について事件性はないとしており、ザ・プロディジーのメンバーはソーシャル・メディアで自殺だったことを明かしている。

ロサンゼルスで開催されたドキュメンタリー作品『パンク』のプレミア上映に出席したジョン・ライドンは、ザ・プロディジーの1990年代の巨大な成功を経て、キース・フリントは「孤独」で「愛されることがない」状況だったのではないかと述べている。

「彼のことで胸が張り裂けそうだよ。彼は俺のいい友人だったんだ」とジョン・ライドンは語っている。

「彼は愛されることがなかったんだ。彼は孤独で、それで壊れてしまったんだよ。なんでこの業界ではこんなにも多くの人が孤独なんだ? 俺のところに来てくれ。俺はジョニーだからね」

ジョン・ライドンは「TMZ」に次のように語っている。「理解しなければならないのは、もうお互いのことを気にかけていないということだよ……誰もが俺のところに話に来てくれ。なあ? 俺のところに話に来てくれ。俺たちは死ぬ必要なんてないんだ」

ザ・プロディジーはツイッターで今後の公演がすべて「直ちにキャンセルとなる」ことを発表している。

ザ・プロディジーはキース・フリントの死を受けて、声明で次のように述べている。「深いショックと悲しみと共に我々の兄弟であり、親友であるキース・フリントが亡くなったことを発表します」

「真のパイオニアにして革新者であり、伝説でした。彼は永遠に惜しまれることになるでしょう。今は関係者のプライバシーに御配慮いただけると有り難いです」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ