GETTY

Photo: GETTY

先日、デュア・リパはロンドンにあるマダム・タッソー館を訪れ、新しい彼女の等身大蝋人形のお披露目会に出席している。

マダム・タッソー館のコレクションにデュア・リパの蝋人形が追加されるという告知に続き、デュア・リパは蝋人形との不思議な2ショットをインスタグラム上に公開している。

自身の蝋人形のそばに立って撮った写真についてデュア・リパは「全くもってシュール」な日であったとキャプションを添えている。

「昨晩、私はマダム・タッソーへ、私の蝋人形のお披露目をしに行ったの」と彼女は述べている。「それを現実に目にするまで、冷静に振る舞おうとしていたわ。そして、瞬きをするんじゃないかって感じで、にらめっこをしている気分だったわ。まったくもってシュールだった」

「私とあの時間を共にしてくれた愛すべきファンのみんな、ありがとう!!あなたたちがもう本当に恋しいわ」

続けてデュア・リパはファンに対し、この蝋人形が着ている衣装について、本人がいつ着用していたものかという問題を出している。ファンの一部は、それが2017年グラストンベリーでの衣装であると回答している。また別のファンは、蝋人形が現実のデュア・リパによく似ていると称賛し、「ミュージアムの中で最も本物らしいフィギュアだ」と述べている。

グラストンベリー2017に出演したデュア・リパのパフォーマンスはこちらから。

「どちらが本物だろう」と問うファンや「正直、どちらが蝋人形かわからない」と主張するファンもいる。

続く投稿の中でデュア・リパは、自身が2004年に初めてマダム・タッソー館を訪れた時の写真を公開している。写真の中でデュア・リパは家族とともにジェニファー・ロペスの蝋人形の側に立っている。

デュア・リパが公開した写真はこちらから。

一方、デュア・リパは先日行われたグラミー賞授賞式でセイント・ヴィンセントと共演している。パフォーマンスはセイント・ヴィンセントが自身の楽曲である“Masseduction”を披露した後、デュア・リパが“One Kiss”のパフォーマンスで加わるものとなっている。

デュア・リパは第61回グラミー賞で最優秀新人賞と最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ