GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパはグラミー賞授賞式のアフター・パーティで交際相手が他の女性たちと親密にしているのを目撃し、大喧嘩になったと報じられている。

デュア・リパは第61回グラミー賞授賞式で最優秀新人賞と最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞している。しかし、その夜のパーティは恋人のアイザック・カルーのせいで彼女にとって興ざめなものになったという。

『ザ・サン』紙によると、デュア・リパはディプロ主催のアフター・パーティでアイザック・カルーが他の女性たちといちゃついているところを目撃したとのことで、2人はパーティで大喧嘩することになったという。

「彼はデュア・リパにそんなに怒ることはないし、自分は何も悪いことはしていないと訴えていました」と情報筋は語っている。「彼が女性たちといちゃついていたことに対して彼女は断固譲らないといった様子で、その夜はずっと彼を冷たくあしらっていましたね」

モデルと料理人をしているアイザック・カルーはグラミー賞のパーティでの大喧嘩の後、インスタグラムにガールフレンドの受賞を喜ぶ投稿をしている。

「誇らしいどころじゃないんだ。僕は最初から2部門受賞できるはずだよって君に言っていたけど、君はとても謙虚で認めようとしなかったよね。すごく誇らしいよ! 追伸 この写真の君はなんて魅力的なんだ」と彼は画像のキャプションに綴っている。

先日、デュア・リパ&セイント・ヴィンセントは第61回グラミー賞授賞式で行ったパフォーマンス映像が公開されている。

パフォーマンスはセイント・ヴィンセントが自身の楽曲である“Masseduction”を披露した後、デュア・リパが“One Kiss”のパフォーマンスで加わるものとなっている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ