GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは劇場版『キャッツ(原題)』の撮影現場で、自身のマーチャンダイズが詰まった巨大な手さげ袋を共演者にプレゼントしていることが明らかになっている。

テイラー・スウィフトは人気ミュージカル『キャッツ』がトム・フーパー監督の手で映画化されるにあたり、ボンバルリーナ役での出演が決定している。映画にはイアン・マッケラン、イドリス・エルバ、レベル・ウィルソンら豪華共演者も出演予定となっている。

現在、ロンドンで映画の撮影に取り組んでいるテイラー・スウィフトだが、共演者と仲良くなるためにたくさんのプレゼントを配っているという。

現地時間2月6日水曜日、同じく共演者の一人であるバレー・ダンサーのエリック・アンダーウッドは、テイラー・スウィフトのアルバム『レピュテーション』のマーチャンダイズや、彼女の愛猫オリヴィアとメレディスのステッカー等のプレゼントが詰まった手さげ袋の写真をインスタグラムのストーリーに投稿している。

「プレゼントをもらって仕事から帰ったんだ! 素晴らしいテイラー・スウィフト、ありがとう」と彼は写真のキャプチャーで綴っている。

一方、俳優のレドモンド・ランスもインスタグラムでもらったプレゼントを公開して、次のように綴っている。「テイラー・スウィフトは出演者全員に贈り物の入った袋を配ってくれたんだ」

ファンたちがテイラー・スウィフトの演技をスクリーンで目撃することを待ち望んでいるなか、映画でマキャヴィティを演ずる共演者のイドリス・エルバは彼女のマルチタレントぶりを賞賛している。

「テイラーと僕は数年前から知り合いで、クールなんだ。彼女はいい人だし、素晴らしいアーティストで、本当に素晴らしいハートをもって仕事をしているよね。彼女と映画で共演できるのはすごくワクワクするし、素晴らしい演技をしてくれるはずだよ。彼女はミュージシャンであるというだけじゃなくて役者でもあるからさ」と彼は米テレビ番組「アクセス・ハリウッド」で語っている。

「僕はただの俳優だけど、彼女はいろいろな才能があるわけでね 。彼女には間違いなく屈せずやり遂げる力があるよね」

一方、テイラー・スウィフトは現地時間2月10日に開催される第61回グラミー賞授賞式を欠席すると報じられている。

『レピュテーション』で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞にノミネートされているテイラー・スウィフトだが、グラミー賞授賞式を欠席することが報じられている。現時点で公式には発表されていないものの、テイラー・スウィフトは恋人であるジョー・アルウィンと共に、同日にロンドンで開催される英国アカデミー賞の授賞式に出席するのではないかと見られているという。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ